Cart Image
Top Image

News

ニュース
|

はんてんの特徴を生かした、冬の新たな生活着「DAN-TEN(ダンテン)」新発売

DAN-TEN
NEW STANDARD "HANTEN" JACKET

 


おうち時間が長くなったことや、環境への意識が高まっていることで、注目されている「はんてん」。

ヘミングスでは一昨年からはんてんの販売をスタート。特徴やデザインの異なるはんてんを発売し、
軽くて暖かい機能性や、ちょっとそこまで外にも出られるデザインで、発売開始よりご好評いただいています。

今年はブランド名をDAN-TEN【暖纏:ダンテン】として新たに発売。
日本伝統の生活着であるはんてんの形状や特徴を活かし、 今のエッセンスを加えた冬の新たなライフウェアとしてリリースしました。

ゆったりとした着心地、すっきりとした襟元。 重ね着しても窮屈にならないアームホール。 作業や家事がしやすい袖丈。
家で過ごす時、外に出る時もさっと羽織れる気軽な羽織り。
わたしたちの生活に寄り添い いつも心地良くあたためてくれます。

冬の新しい生活着として、異なる特徴の4スタイルをご提案します。


■COM-FLY    軽量で快適、冬の新たな定番着

CON-FLY1
CON-FLY2


軽い着心地と、小さくたためるパッカブル仕様が特徴のCOM-FLY/ コンフリー。
ミリタリーライナーから着想を得たデザインは性別を問わず着用でき、室内はもちろん
アウトドアシーンやワンマイルウェアとしても使い勝手の良い冬の羽織りです。

サイズはMLの2サイズ。
身長や、好みのサイズ感に合わせて選べるよう2サイズ展開しています。

上の写真では、168cmの女性のモデルさんと183cmの男性のモデルさんが二人ともLサイズを着用しています。
女性は160cmくらいまでの方はMサイズでゆったりと、長身の方はLサイズでゆったりと着られるサイズ感で作ってあります。

■商品のサイズなど詳細はヘミングスオフィシャルオンラインストアからどうぞ



■WEEKEND(ER)&Co.    馴染深いミリタリースタイル



WKD1
WKD2
WKD2

ミリタリーウェアーの機能的なディテールが特徴のWEEKEND(ER)/ウィークエンダーのシリーズ。
寒い冬、換気で窓を開けたときにサッと羽織る。ベランピングやキャンプで羽織る。
ステイホームでもアウトドアでも幅広く活躍するミリタリースタイルのはんてんです。

WEEKENDE(ER)からは、ミリタリーテイストの3タイルを提案。
アウターとしても着られるデザイン性の高いDAN-TENです。
メンズサイズを基本としているので3型とも大き目のサイズ。
女性がオーバーサイズで着るのもかわいいタイプです。

■商品の詳細・ご購入はWEEKENDE(ER)オフィシャルオンラインストアからどうぞ



■TOASTY    ゆるやかな時間をつくるリラックスウェア



TOASTY1
TOASTY2

澄んだ冬の空気のような、柔らかなニュアンスカラーが印象的なTOASTY/トースティ。
ナチュラルな雰囲気と程よくゆとりのあるシルエットで、ゆったりと過ごしたい冬の家時間に心地よいあたたかさを添えてくれます。

トースティーはんてんは、色ごとにキルティングのデザインが異なる3種類をそろえています。
ベーシックなはんてんの形ですが、身幅がすっきりとして着ぶくれしない、きれいなシルエットが特徴です。

■商品のサイズなど詳細はヘミングスオフィシャルオンラインストアからどうぞ





■COTON    おうち仕事がはかどる、冬のルームウェア。

COTON1
COTON2


リブ仕様の袖口が特徴のcoton / コトン シリーズは、はんてんのあたたかさと
割烹着の動きやすさを組み合わせた、新しい冬のルームウェア。
寒い季節のおうち仕事がはかどる便利な機能を付けました。

コトンはんてんは、おうち仕事の時に暖かく着られて動きやすいことをポイントにデザインしたシリーズ。
ゴムが入っていることで腕まくりがしやすい割烹着の袖をヒントに、袖口にリブをつけて下がらないように、そして、さっと羽織れるはんてんの形をミックス。
大きなポケットの中で遊ばないよう、ポケットの中にさらにスマホぴったりの内ポケットをつけたり、手を拭くタオル、クロスなどをひっかけておけるループなど、家事の時ちょっと便利な機能をぷらすしてあります。

■商品のサイズなど詳細はヘミングスオフィシャルオンラインストアからどうぞ



どのシリーズも軽くて着心地のいいものばかり。
普段着に合わせられるデザインで、ちょっとそこまで出かけられちゃうのがポイントです。

直営店CONCIERGEの各店では試着もできますので、ぜひ店頭・オンラインでご覧ください!

 

コメントを残す